自営業のメリットは人に使われないこと

自営業は自宅などで自分で仕事を行うことですが、大きなメリットとして上司や同僚との人間関係に悩まされることがないという点が上げられます。基本的には1人で行うものですから、人間関係に神経をすり減らし、仕事に影響が出てしまうという状態を避けることができます。自分のやりたいようにのびのびと仕事ができる点を魅力に感じる人も多いです。また、毎日同じような時間に通勤を行う人たちと移動する時間がぶつかることも少なくなりますので、通勤ラッシュに巻き込まれることもなくなります。

自分で仕事を探さなくてはいけない

その反面、会社で仕事をしていた時にはきちんと「これをやらなくてはいけない」という仕事があり、それをこなすだけで良かったのですが、自営業となると自分で仕事を見つけてこなければいけません。デスクに座って待っていても、仕事の方からやってくるということは無いからです。仕事を得るためには、自分の売り込みを自分自身で行って行かなければいけません。

また、自営業は時間を自由に使うことができる仕事です。しかしその自由という言葉だけに惑わされて「昼間は遊んで、夜に仕事をしよう」「今日は疲れたから仕事はなし。また明日やろう」とずるずると引き延ばしてしまうと、月末になって全く仕事をしておらず、収入が少なくなってしまった、と慌ててしまうこともあります。自由に時間を使うことは出来ても、きちんと「仕事をする時間」「休憩時間」「休日」を線引きしておく強い意志も重要になります。

フランチャイズとは、本社や本部よりブランド力や運営ノウハウを等を活用することにより、その対価を支払うシステムの事を言います。