そもそも、M&Aとは何なのか?

ビジネスや企業のニュースなどで時折耳にする「M&A」とは、一体どんな意味なのでしょうか。この言葉は「Merger and Acquisition」の略称であり、直訳すると「合併と買収」になります。つまり、M&Aとは企業間で行われる合併や買収、事業譲渡、株式譲渡などを意味しています。M&Aが行われる目的は、新規事業への参入や、経営不振に陥った企業の救済、事業統合、企業グループの再編など、様々なものがあります。日本でもM&Aは度々に行われるようになっており、身近な企業がいつの間にかM&Aを行っていたという話も、決して珍しくありません。また誰もが知っている大企業がM&Aを行う時は、国際競争力をつけるためであったり、国内における市場競争力を強化する目的であるケースが多いと言われています。

M&Aのメリットとは!?

M&Aを行うことには、どんなメリットがあるのでしょうか。企業間において適切にM&Aが行われれば、譲渡企業、譲受け企業の双方に大きなメリットがもたらされるものです。まず譲渡企業の方には、事業継承問題の解決や、創業者の利潤の確保、社員の成長、企業の存続や発展などのメリットがあります。一方譲受け企業の方には、必要な経営資源を最小限のリスクで取得できるというメリットがあります。つまり、M&Aは企業同士が更なる発展や経営の効率化を進めるために、行われることも多々あるのです。しかし、敵対的買収という言葉がある通り、必ずしも双方の企業が納得した上で行われないM&Aもあります。従業員を守るために行われるケースもあり、M&Aの世界は実に奥が深いです。

M&Aとは、merger and acquisition(合併と買収)を省略したもので、企業の合併や買収の総称を意味します。