青色申告にはどんな特徴ある?

青色申告とは、一定の基準を満たす記帳を基づいて確定申告を行った場合に、所得から一定の控除額が差し引けるなど、税法上有利な特典が受けられる制度を言います。
青色申告の主な特典には、所得から一定額を控除できる青色申告特別控除や、要件を満たす家族に対する給与を必要経費に算入できる青色事業専従者給与などがあります。また、損益通算をしても損失が残る場合に、前年の所得または翌年以降3年間で生じる所得と損失額を相殺したり、あるいは事業所得で貸倒引当金に繰り入れた額を必要経費に算入する事もできます。特に青色申告特別控除は、複式簿記で記帳した帳簿から作成した貸借対照表と損益計算書を添付し、期限内に提出していれば65万円も控除できる為、節税効果の高い特典と言えます。

白色申告とは何が違うのか?

平成26年以降、白色申告者でも記帳や帳簿の保管が義務付けられた為、それらに係る手間は青色申告と変わりません。その為、白色申告との違いは、青色申告の特典を受けられないというデメリットのみとなります。
ただし、白色申告の事業専従者控除は、青色申告のそれとは異なり、実際に給与額が控除額より少ない場合でも定められた控除額がそのまま所得から控除されます。その為、この専従者は配偶者控除や扶養控除の対象とはならないものの、専従者が配偶者であれば86万円、それ以外は50万円が控除され、配偶者控除などを受けた場合より所得が少なくなるケースがあります。つまり、事業専従者控除に違いはあるものの、青色申告の特典の方が節税効果が高く、白色申告にメリットはほとんどないという事になります。

青色申告とは、確定申告の申告方法の一つで、税制上の優遇が受けられる制度のことです。事業所得、もしくは事業的規模の不動産所得がある人は、65万円または10万円の控除を受けることができます。