後継者の育成は重要です

オーナー社長として誰もが悩むのが、事業継承です。自分が引退した後に、会社を誰に任せれば良いのかが問題となります。自分で会社を興したような人は、全てを自分が管理しなければ安心できないと考えがちです。けれども事業継承のためには、しっかりと後継者を育成することが大切です。せっかく大きく育て上げた会社も、後継者がいなければ存続することも危うくなってしまいます。それを見越して、早めに自分の代わりに会社の舵取りができる人材を育成しておくことが大事です。

M&Aによる売却もひとつの選択肢です

会社の運営に忙しく、後継者の育成ができなかった場合にはM&Aも検討する必要があります。これは豊富な経営ノウハウを持つ他の会社の経営者に、自分の会社を売却することです。もちろん買い取ってもらった後は、それまでと同じように従業員をそのまま雇いながら、会社の運営を頼むことになります。そこで大事なことは、自分の経営理念に近い価値観を持った経営者を探すということです。

M&Aによる事業継承の利点を知ろう

M&Aによって会社を売却する形で事業承継を行うと、いろんなメリットが生まれます。まず会社の負債もそのまま相手の会社に引き継がれることになります。そのために、社長として自分が抱える負債もそのまま相手の会社に引き継がれます。また全ての株式を売却しても、顧問として経営に関わることも可能です。従業員もそのまま雇用し続けることができるので、それまで一緒に働いていた人と、その家族の生活を守ることもできます。

経営コンサルタントの助言を生かして、幹部社員の育成に全力で取り込むことが、円滑な事業承継を実現するためのポイントです。