太陽光発電ってどんなもの?

自然エネルギーを活用した発電装置は安全度が高く、限られた資源を使わずに緊急時の電力不足を一時的に補うことができます。最近だと自宅や空いている土地を活用して、太陽光発電で電力を賄うという取り組みが行われています。太陽光発電は文字通り太陽の光を電力に変換するシステムです。主な発電方法は、専用の発電パネルと電力を蓄える装置を取り付けて放置するだけです。発電パネルは日射量によって1日の発電量が変動するので、建物の陰に隠れる場所にパネルを設置すると発電量は少なくなります。発電した電力は自宅の電力として使うことができるので、毎月の電気代を節約できます。発電パネルの規模や設置数次第で電気代を0円にすることも可能です。太陽光発電を自宅で利用するなら、ガスを使わないオール電化住宅が推奨されます。

余剰電力は売電できる

発電した電力を自宅で使っても、全て使いきれずに余ることがあります。余った電力は売電することで収入を得られます。売電は国が定めた買取価格で電力を売れます。自宅の電力を節約しながら収入を得られるのは大きな魅力だと考えられます。自宅規模の太陽光発電だと初期費用は100万~200万円くらいになります。ここから電気とガスの節約、売電の収入を簡単に見積ると約10年運用すれば初期費用を回収できる計算になります。発電パネルの耐用年数は約25年なので、十分なリターンを得られると考えられます。新しい家を建てる時や新築物件を購入する時は、オール電化住宅で太陽光発電を検討してみると良いでしょう。

太陽光発電の価格の目安は工事費込みで1kWあたり41万円です。ただし、メーカーやシステム環境等により目安価格を上回る場合もあるようです。